【悲報】突如発表されたDJIの「OSMO Action」、GoProとSONYが駆逐されそう

この記事の投稿元サイトは ココをクリック!
s 2

DJIは、新製品「OSMO Action」を発表した。発売は5月17日、価格は44,820円(税込)。

頑丈な構造と直感で使える設計
コンパクトでありながら頑丈な構造のOsmo Actionは、人生の冒険に理想的なカメラです。過酷な状況にも簡単に取り扱えるように設計されたOsmo Actionは、防塵性能、耐衝撃性[1]、防水性[2]を備え氷点下でも動作します[3]。Osmo Actionは、前面と背面の両方に超高輝度カラースクリーンを採用しています。これは、動いているシーンの構図を簡単にする独自の設計機能です。2.25インチの背面タッチスクリーンは、水分と指紋をはじくコーティングが施され、1.4インチの前面スクリーンは、vloggingやセルフィーをこれまでになく簡単にします。Osmo Actionの輝度は750 cd/㎡で、直射日光など苛酷な照明条件でも使用することができます。

優れた画質を捉える先進技術
センサーには、1/2.3インチのCMOSを搭載し、12MPの写真や、4K/60fps、最大100Mbpsの動画を驚くほど高画質で撮影できます。3枚ガラスの非球面レンズ設計により、歪曲効果を減らし、より引き付けられるような映像を実現します。レンズキャップには、二層の指紋防止コーティングが施され、直射日光の下での撮影でもグレアを低減します。

Osmo Actionは、10年以上にわたる3軸メカニカルジンバルの開発経験を活かし、EIS(電子式映像ブレ補正)技術であるRockSteady(ロックステディ)を搭載したDJI初のハンドヘルドカメラです。高性能安定化アルゴリズムは、4K/60fpsを撮影する場合でも、EISと連携して滑らかで安定した高画質の動画であらゆる動きを撮影します。また、Osmo Actionは、4K/30fpsでのハイダイナミックレンジ(HDR)動画撮影が可能[4]で、明暗差の激しい環境でも、しばしば失われる豊かなディテールを映します。また、Osmo Actionのバッテリー駆動時間は、RockSteady有効時に4K/30fpsでの録画では93分、RockSteady無効時に1080p/30fpsでの録画は135分です。スピーカーが素晴らしい音質を実現し、また、2つのマイクにより、音声操作機能でOsmo Actionを声で操作することもできます。
続きはソース元で
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000153.000015765.html

【国内正規品】DJI OSMO Action アクションカメラ
DJI (2019-05-17)
売り上げランキング: 136

続きを読む