ファーウェイCEO「米撤退の可能性はある。私たちの事業に賛成しない国には注力しなくてもいい」

この記事の投稿元サイトは ココをクリック!
huawei

中国の通信機器大手ファーウェイの創業者が18日、NNNなどのインタビューに応じ、トランプ政権がファーウェイを排除する措置を取り続ければアメリカ市場から撤退する可能性もあると述べた。

任氏は、トランプ政権による圧力の影響で先月の業績が落ち込み、ことし通年の業績にも一定の影響がでると明らかにした。そのうえで今後の対応としてアメリカ市場から撤退する可能性もあると述べた。

Q.米国市場をあきらめる選択肢は?

ファーウェイ創業者・任正非CEO「可能性はある。今後アメリカや私たちの事業に賛成しない国には注力しなくてもいい。私たちの事業を認めている国々に力を入れる」

一方、トランプ政権がファーウェイを安全保障上の脅威としている事をうけて機密情報をぬきとる、いわゆる「バックドア」をつくらない仕組みをつくるべきと主張…
続きはソース元で
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190518-00000299-nnn-int

続きを読む