外国人「笑ったw」スズキのバイクのエンジンを搭載した改造シニアカーが世界記録を更新して話題に

シニアカーにスズキバンディットのエンジンを搭載

画像はイメージです。
15762116877_2c3e551a5c_z
Nottingham Castle Museum & Art Gallery – mobility scooter / Elliott Brown

 ユニークな記録が紹介されていました。

関連:海外の反応「無駄な抵抗だろうな・・・」日本で発売される猫の飼い主向けオフィスチェアが海外サイトで紹介されてた

173.16km/h

 カスタムというと、世界の名だたるスーパーカーやスポーツカーに更なるスピードを付与するということが一般的にイメージされるかと思いますが、その一方で、元々はスピードよりも利便性を重視して開発された乗用車に大きな改造施して想像も付かないような光景を生み出すという方向にロマンを感じる人も多いもの。

 そんな中、スズキ・バンディットのエンジンを積んだ改造シニアカーの最高速記録が更新されて話題になっていました。

 足が悪い方の補助として活躍する小型モビリティ、いわゆるシニアカー。そうしたマシンは一般的に安全が重視されており、スピードとは程遠い存在となっているわけですが、Mechanics David Anderson さんとMathew Hineさんがそれを大胆に改造したようです。

 マシンは一見すると普通のシニアカー。しかしレーシングゴーカートのシャーシが使われ、タイヤもゴーカートのものを流用、そしてエンジンにはスズキのオートバイ「バンディット」の600ccのエンジンを搭載。お尻から2本のマフラーが突き出し、おまけにウイリーバーもついているというドラッグシニアカー(?)となっているのです。

 1/4マイルを走るとそのスピードが驚きのもので、通常8mph(13km/h)出せれば精一杯というシニアカーが、173.16km/hというスポーツカー顔負けのトップスピードを記録。この数値は前記録を抜き、ギネス世界記録に登録されたようですよ。

 この光景に海外のネットユーザーの方々からもコメントが多く寄せられています。これに対しての海外の反応を見ると、

海外の反応

  • 俺にはちょっと速すぎるな 
  • マジかよ。この小さなタイヤがぶっ壊れなかったことに驚いた 
  • 素晴らしい、でも俺はめっちゃ速い芝刈り機の方が好きだな。https://www.youtube.com/watch?v=Xe5ldu2jB2E
  • これをやったあとのホイールベアリングの温度はどのくらいになってたんだろう? 
  • 俺のスクーターもちょっと速く出来たらいいなぁと思うけど、ここまで速くなくていいや!
  • 笑ったw次のバージョンにはロケットをつけるだろうな
  • これは素敵なアイディアだな 
  • 素晴らしい!こういうの大好きだよ。この創意工夫と勇気を見ていたら人類への信頼が増々大きくなるね
  • 自分にはこういうメディケアスクーターが必要ないことを祈ってるけど、でもさ、自分が必要になる16年後にはマシンがこうなってたらってことを想像してみてよ 
  • シートベルトはどこにあるんだ
  • この短いホイールベースでストレートラインを走り切ったのは素晴らしいね 
  • でも、これは曲がれるのか・・・? 
  • 乗るの難しそうw

等々の声がありました。

[ via facebook/gizmod ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *