【悲報】法務大臣「口頭でも正式な手続きをしたことになるという見解だ」安倍総理のペーパーレス内閣爆誕

この記事の投稿元サイトは ココをクリック!
 13
1:風吹けば名無し 2020/02/25(火) 13:07:34.49 ID:ye2uvpwz0

東京高等検察庁の検事長の定年延長をめぐり、法務省が国会に提出した、定年延長が妥当だとする文書について、森法務大臣は、口頭の決裁を経ているとして、正式な決裁の手続きが取られたという認識を示しました。

法務省が国会に提出した、東京高等検察庁の検事長の定年延長が妥当だとする文書について、森法務大臣は、今月20日の衆議院予算委員会で、「必要な決裁は取っている」と答弁しましたが、翌日の予算委員会の理事会で、法務省の担当者は「正式な決裁は取っていない」と述べました。

これについて、森法務大臣は、記者会見で、「文書は、内閣法制局と協議するのにあたって、事務次官まで部内で文書を確認して内容を了解する口頭の決裁を経た」と説明しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200225/k10012299991000.html

続きを読む