【悲報】内閣府副大臣「日本のデジタル化は10年遅れている」と反省

この記事の投稿元サイトは ココをクリック!
 4

平将明内閣府副大臣は、日本のデジタル化が世界から10年遅れていると反省を口にしたという。

新型コロナウイルス対策を巡っては、現金給付の行政手続きに時間がかかるなどデジタル化の遅れが浮き彫りになった。政府で新型コロナ対策でのIT活用を担う「テックチーム」事務局長の平将明内閣府副大臣は「日本のデジタルガバメントは10年遅れている」と指摘し、危機を契機にポストコロナ社会を見据えた改革を進めていく必要があるとの考えを示した。

平氏は19日のブルームバーグのインタビューで、日本の取り組みについて「本来テクノロジーの進歩と合わせて政府もデジタル化していかないといけなかったのに、それができていなかった」と振り返り、「政治家サイド、行政サイドが意識を強く持ってやってこなかった」ことで、テクノロジーの進歩に沿った規制改革が停滞したと反省を口にし…
続きはソース元で
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-21/QAKJICT1UM1201

続きを読む