Apple、常時表示が可能な「Apple Watch Series 5」発表。18時間の駆動を実現

この記事の投稿元サイトは ココをクリック!

Appleは、Apple Watch Series 5を発表した。価格は、Wi-Fiモデルが4万2800円(税別)から、セルラーモデルが5万3800円(税別)から。すでにウェブサイトから注文を受け付けていて、9月20日に販売を開始する。

アルミニウム、ステンレス(7万2800円~)に加え、新たにチタニウム(8万2800円~)モデルが加わり、白いセラミックモデル(13万3800円~)が復活した。また、スペースブラックのステンレススチールケースを加えたエルメスモデルもラインアップ(13万3800円~)し、同時に9月20日より発売する。NIKEモデル(4万2800円~)は10月4日より提供される予定だ。また、旧モデルとなるSeries 3は1万9800円(税別)から、販売継続となる。

常にウォッチフェイスをスリープなしにつねにオンにしながら、18時間のバッテリー駆動を実現した。また、コンパス機能を備え、ウォッチフェイスでコンパスが使えるようになる。
https://japan.cnet.com/article/35142487/

https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする